2007年12月17日

実家への訪問

平成元年
確か、クリスマスの頃だったと思う。

私の両親の訪問を受けて
その人と私は、私の実家に出向いた。

両親にしてみれば、娘と結婚するのだからそれなりの手順を踏んで欲しかったのかもしれない。
頭を下げて、認めて下さいって言って欲しかったのかもしれない。

母は特に・・・
親戚への手前、結婚式という形を整えて欲しかったのだろう。

実家に行った時にどのような会話をしたのか
今はもう覚えていない。

けど
頭を下げて欲しい両親と
娘が自分の元にいるのだから、さっさと自分の存在を認めたらどうだ?って思っているその人との温度差は
どうしようもなく深い溝を作った。

何の意味もないまま・・・
私たちは、実家を後にした。

俺はもう2度とこんな居心地が悪い場所には来ない。
その人は、帰り道にそんな言葉を吐き捨てた。

お前の家のことだから、お前が解決しろ!
俺には何の責任もない。
お前が親を選んで実家に帰るのなら好きにしろ。

その人は、私にそう言い放った。

それ以後、私はその人に対して
両親のことを申し訳ないと思うようになって行った。

【関連する記事】
posted by 凪紗 at 00:40| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマス

2007年も残りわずか。

来年は「平成20年」

その人と出会ってから、もう20年目を迎えることになるんだなぁ。

もう少し、続きを整理してみようと思う。
posted by 凪紗 at 00:26| つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

同棲

生活が始まった。
最初はその人も職安に行ったりして仕事を探したけど
選り好みが酷くて、思うような仕事がなかった。
しかし、毎月の返済や生活費に追われているので、働かないわけにはいかない。
それでも、その人は選り好みして面接さえ受けようとしなかった。
仕方なく、私は歯科医院に勤めて、足りない分の生活費は大手消費者金融を渡り歩いて工面した。
そんなある日曜日の朝
玄関のベルが鳴った。
確か
クリスマス前だったと思う。
まだ世間知らずで無防備だった私は
何の確認もせず
「はぁい♪」と言ってドアを開けた。

そこに立っていたのは
私の両親だった。

居場所のわからない私を両親は方々手を尽して探し回ったらしい。
「何で?」とビックリしている私に父は一言…
「ドアを開ける前に、どちら様ですか?って確認ぐらいしなさい!変なセールスだったらどうすんだ!」って
小言を言った。
いや…
今、ここで言うことじゃないでしょ?(笑)

思いがけず突然、両親と話し合いになった。
その人のこと、何も知らないのに結婚を認めるわけにはいかない。
かと言って、私を無理やり連れて帰っても、監禁出来るわけでなし、問題の解決にはならない。
取りあえず、家に電話をつけることと、これから結婚について話し合いをすること…
両親が認めてくれるまで入籍はしないこと…
そんな約束をしたと思う。
帰り際、車まで両親を送って行く時
母は私に
「よりによって、あんな人…前に住んでいた所の近所で聞いたけど、平気で怒鳴りつけたりするって、評判も良くなかったし、その人が勤めてた職場では、あんな人辞めてくれてせいせいした。って言われた。アンタが貧乏クジ引くことない。すぐに帰っておいで」
そう言った。

母の言葉は正解だったんだけど…

私は、そんな母の言い方や価値観が嫌いだった。

両親が帰った後
その人は、母と話してた内容について私を問い詰めた。
嘘をつけば良かったのかもしれないけど
私は
その人が、私と結婚するために
何があっても努力してくれるもんだと
当たり前に思っていたし…
母の言った言葉をそのまま
その人に伝えた。

その人は
私と結婚したいわけじゃなかったんだろうなぁ。多分…
母の言葉に激怒するだけだった。
結局…

両親とその人の間に挟まれて
辛い日々を送ることになるのだ。
posted by 凪紗 at 02:46| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

無職

住み込みで働いていた私は、逃げ出した時点で無職になった。

私の貯金が300万ほどあったので、安いホテルに泊まりながら新居を探した。
私たちが出会った街からも、私の実家からも遠く離れた土地に新居を借りた。
借金を抱えて無職なんだから、古くても安い部屋にすればいいものを
普通の新婚家庭を夢見て、普通の2DKのハイツを借りた。
借金の支払い、新居の保証金ホテル代に外食費。
家電も必要だし
布巾一枚、箸一本から揃えなければならない。
お金は湯水のように消えて行った。

仕事を探しに出かけたけど、土地勘がない為どの程度の距離なのかサッパリわからない。
ともかく、歯科衛生士の免許を持っていたので、すぐに勤め先は見つかった。
問題はその人だった。
あれやこれやと理由をつけて、仕事を選んだ。
年齢的なハンディもあって面接まで行ってもなかなか決まらなかった。
私だけの給料で生活は出来ても、借金返済までは手が回らない。

仕方なく、私は某消費者金融でお金を借りて返済に充てる為のお金を用意した。

これが・・・
余計なことだったのよね。

その人はもう「ごめんな」とさえ言わなくなった。

妻が夫の為にすることは、全て当たり前。
そんなふうに、感じるようになってしまっていた。
posted by 凪紗 at 01:53| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

駆け落ち

その人が無職になってから、どういう経緯があったのか…
どうしても思い出せないのだけど。

多分…
私は追い詰められて行ったのだと思う。

その人と一緒に生きる為に親と縁を切るのか
親と縁を切れなくて、その人と別れるのか…

そもそも…

まだ、付き合っていることさえ
親は知らないのに…


究極の選択を迫られて追い詰められた私は

現実が見えなくなってしまっていた。

凪紗はどうしたいんだ?
俺と一緒になりたいのか?
それとも
お前にとって俺は、それほど必要ではないのか?
俺の気持ちは決まっているから、お前次第だよ。
凪紗が思うようにすればいい。



全く、無茶苦茶だよ。
いや…異常ですな。


でも、こんなことを言われ続けて
選ばなきゃいけないような気になってしまった。

その人と一緒に生きて行きたい。

私は、そう決めた。

何となく奇妙な違和感を感じつつも
どんどん話しは進んで行った。

8月も終わりに近付いたある夜

私は住み込みで働いていた歯科医院から
逃げ出した。

駆け落ちと言えば聞こえはいいが

これじゃ
まるで

夜逃げだよあせあせ(飛び散る汗)



我ながら
あまりの馬鹿さに
開いた口が塞がらないのだけど


あの夜、走り抜けた夜道で
その人の姿を見つけた私は
本当に幸せだと
思っていた。


しかし

どう考えても

馬鹿だよなぁふらふら

posted by 凪紗 at 00:42| 同棲まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

退職

付き合い出した日から、その人は私の仕事が終わるのを待って、毎日一緒に過ごした。
何を話していたのか、楽しかったのかどうなのか・・・
私にとって、その人と二人で過ごす時間がどんなものだったのか・・・
今となっては、何も思い出せない。
一番楽しいはずの時期なのに、何も覚えていない。


お金を渡してから、しばらくして
その人は、会社で辛い思いをしていることを私に打ち明けた。
転職したいのだけど、母親が倒れた時の借入金を清算しなければ辞められない。
仕方ないので、車を売ることにした。

それを聞いた私は、また胸が苦しくなった。

その人は車が大好きで、よく峠の山道を走りに行っていた。
車を手放すその人と、母親に捨てられた幼い頃のその人の姿が
私の心の中でダブって見えた。

その人から車を奪ってしまうのは、あまりにも残酷だって・・・
私はそう思ったんだよねぇ。

この車、私が買うから。
ローン会社を通して私がこの車を買う。
そしたら貴方は、この車に乗り続けることが出来るし
必要なお金も手にすることが出来るでしょ。
そうしようよ。


今から思えば、本当に
馬鹿ぢゃないexclamation&question
この一言に尽きるのだけど


その人は、断らなかったんだよねぇ。

そして、その人は私に車を売ってお金を手にした。
会社に返済したお金は10数万円だったと思う。
車を売った残りのお金はどうしたんだっけexclamation&question
そんなことさえ覚えていない。


こうして、その人は会社を退職して無職になった。
posted by 凪紗 at 22:40| 同棲まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生い立ち

私の実家を見に行ってから
その人は自分の生い立ちを話した。

父親の浮気が原因で両親が離婚したこと。
その後、二人の妹と一緒に母親と暮らし始めて
昼も夜も働く母親の変わりに妹たちの世話をしていたこと。
ある日、母親と二人で出掛ける事になった。
何でも好きな物買ってあげると言われて、野球帽とチョコレートを買ってもらった。
母親を独り占めできたことがとても嬉しかったのだそうだ。
しかし、母親が連れて行った場所は父親の勤め先。
「お前は男の子だから、今日からお父さんと暮らしなさい」そう言って母親はその人を置いて帰ったそうだ。
再婚を控えていた父親は、その人を自分の義理の姉に預けた。
両親共に、再婚の邪魔になるといって、その人を置き去りにしたのだ。
数年後、再婚した母親の元に引き取られたそうだが、新しい義理の父親にも酷い暴力を受けたらしい。

そんな話しを聞いた私は
幼い頃のその人を思って、母親のように抱きしめることしか出来なかった。

例え世界中が、その人を批判しても
私だけは絶対に味方だから・・・
その時、私はそう誓った。


自分には学歴もないし、やっぱりお前にはふさわしくない。
それに、俺には借金もある。
凪紗のこと、好きになっちゃいけなかったんだ。
その人はそういうことばかり口にした。
借金で始めた軽貨物運送の仕事が軌道に乗らず、開業資金の返済の為に繰り返した借金が膨らんだ。
借金についてはそう聞いていた。
一生懸命やろうと頑張っても報われないそう思うと切なくて・・・
数日中に返済しなければならないお金がどうしても工面できないというその人に
私は、一度も使ったことがない自分のクレジットカードでキャッシングをして
その人に20万円手渡した。
毎月の返済は、その人がすると約束したのだけれど・・・


結局、その約束は守られることがなかった。


何故なら・・・


第一回目の返済期日には
既に
私たちは一緒に暮らしていたから。
posted by 凪紗 at 22:24| 同棲まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

障害

突然のプロポーズに
結婚願望の強かった私は、天にも昇る気持ちだった。

結婚したら・・・
夢ばかりが大きく膨らんで行った。

ある日、その人は言った。
俺は凪紗より16歳も年上で離婚暦もあるし子供もいる。仕事だってただのトラック運転手だし、こんな俺との結婚をお前の両親は許してくれるだろうか?と。

まぁ。はいどーぞわーい(嬉しい顔)などとは言わないでしょーよたらーっ(汗)

「そうだね。反対されるかもしれないね。
けど、私の両親だもの。きっと最後は私が好きになった人のことを好きになってくれるはず。私、きっと賛成してもらえるように頑張るから。」
私は、そんなことを答えたと思う。

「そうだね。俺も凪紗と一緒に頑張るよ。」

こんな風な同じ会話を、何日も繰り返した後
その人は、私の実家を見てみたいと言い出した。

私たちは、車で実家に向かった。
郊外の新興住宅地にある建売の一戸建
(当時、築8年位だったかな???←どーでもいい情報あせあせ(飛び散る汗)

私の実家を見たその人は難しい顔をして車に戻った。
凪紗。やっぱり無理だよ。お前のご両親がお前の結婚相手に望むであろうものを、俺は何一つ持ってない。やっぱり、俺たちの結婚は無理だよ。
ご両親に結婚を反対されたら、凪紗は・・・
俺と親とどっちを選ぶ?


急に聞かれても・・・どんっ(衝撃)
混乱した私は、取りあえず・・・ってカンジで
「私は貴方が好きだから、貴方と一緒に生きて行きたい。」
と・・・その人を選ぶと答えた。

付き合い出して、まだ1ヶ月もたってなかったんじゃないかな???
私にとって「結婚」は、まだまだ先のことだと・・・この時は思っていたから。

鉄は熱いうちに打て
という言葉があるけど、DV加害者はとにかく被害者に考える隙を与えない。彼等は、いつも究極の二者択一を迫り、自分の意のままにコントロールしようとするのだ。
被害者は、彼等の提示した二者のうち一つを選ぶことになる。
つまり、被害者は「自分で選択した」ことになるのだ。
そして、被害者は「自分が決めたこと」を実現する為に、必死に努力をすることになる。

この時の私も・・・まさに
そうだった。



posted by 凪紗 at 00:12| プロポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

突然のプロポーズ

過去の恋愛の件での暴力が落ち着いた頃。

ホテルのベッドの上で
その人が私を抱きしめて言った。

俺は凪紗のことが大好きだから。
愛しているから。
一緒に所帯を持って欲しいと思ってる。
俺には離婚した妻との間に子供がいるけれど
会いたいと思っても会いに行けない。
だから、凪紗に俺の子供を生んで欲しい。
今度こそ幸せな家庭を作って、子供の成長を見守りたいんだ。


まだ付き合い出して、数週間しかたっていなかったと思うのだけど・・・

子供の頃から結婚して子供を生んで、自分の家庭を持つことが夢だった私は、その場ですぐ
花嫁衣裳着せてくれる?
そう言って、OKの返事をした。

嬉しかった。
幸せだった。

18歳で家を出て、歯科医院で住み込みで働いていた私は
淋しかったのだと思う。

心の隙間に染み込むように、その人で一杯になって行った。
posted by 凪紗 at 00:32| プロポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

その後

コインランドリーでの出来事の後のことは思い出せないのだけど。

私は結局
自分の過去の恋愛をその人に告白した。

その人は、殴ったことを私に謝った。

俺はお前のこと本気で好きだと思っているから、自分の過去を全て知って欲しいと思って話した。
お前のことも全て知りたいと思った。
お互いの過去も全て知って、嘘のない関係になりたいと思ったのに・・・
お前が俺に隠し事をしようとしたことが許せなかった。お前が好きだから。好きだから殴った。
そんなことを言われたと思う。

そんな風に自分のことを思ってくれているのに
私はなんてことをしてしまったのだろう。
その人の信用を回復しなければ!

私は
そう思ってしまった。

その後、その人は優しかった。

(優しかった・・・と、思うあせあせ(飛び散る汗)
けれど、体を重ねる度に
その人は私を責めた。

どんな風に抱かれたんだ!
他の男にもこんなことしたんだろう!
お前は俺に嘘をついた!だから、もう何を言われても信じられない。

(何度も、殴られた・・・と、思うパンチ
その度に私は
また・・・・自分を責めた。

そして、その人に信じてもらいたい一心で
その人の望むことを全て受け入れた。


これは「デートDV」の典型的なパターンかもしれないね。


殴られることも、罵倒されることも
全て私が悪いから。
許してもらわなければならない。
・・・私はそう、思っていた。


その頃から
私は恐怖で乖離してしまっていたのだと思う。

何となく、ドラマの中で演じているような。
現実であって現実でない不思議な感じ。
自分に起こっている出来事なのに、なぜかスクリーンで映像を見ているような、そんな奇妙な違和感。

紗がかかった青空が・・・セピア色に見えるような・・・

どんどん。私は自分自身を失って行く。
そして、私は
その人が望むような女にならなければ!
そのことだけを考えるようになった。






posted by 凪紗 at 23:56| 初めての暴力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。