2007年03月11日

初めての暴力

離婚して一人暮らしをしていたその人は、いつもコインランドリーを利用していた。

朝だったのか、昼間だったのか、夜だったのか・・・?時間は思い出せないのだけど、その日コインランドリーには私達の他に誰もいなかった。

その人が突然、私の過去の男の話を聞いた。
そんなことどーでもいいぢゃん。今の私は貴方が好きだし、逆に貴方にどんな過去があっても私が貴方のことを好きなことに変わりないもん。
そう答えるとその人はまた不機嫌になった。
何をどう言われたのか、思い出せないのだけど
隠し事をするのは嘘つきだ!って、ことだったかな?
嘘をついたり隠したりするつもりはない。過去は私達にとって必要ないことだって事を言ったと思う。

どんな言葉のやり取りがあったのか思い出せない。

私は、過去の男の話を問い詰められて
コインランドリーの中で、その人に殴られた。
お前は嘘つきだから信用できない。本当のことが何故言えないむかっ(怒り)
多分、そんなことを言われたような気がする。

怖かったのか、痛かったのか・・・
私は何も思い出せない。
ただ・・・
隠そうとした私が悪かったんだ。
何とかして許してもらわなければ・・・
そう思ったことだけは、覚えている。

殴られることも叩かれることも、人生で初めてのことだった。

この時点で、私の感覚は麻痺してしまったのかもしれない。


【関連する記事】
posted by 凪紗 at 23:55| 初めての暴力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。