2007年03月12日

その後

コインランドリーでの出来事の後のことは思い出せないのだけど。

私は結局
自分の過去の恋愛をその人に告白した。

その人は、殴ったことを私に謝った。

俺はお前のこと本気で好きだと思っているから、自分の過去を全て知って欲しいと思って話した。
お前のことも全て知りたいと思った。
お互いの過去も全て知って、嘘のない関係になりたいと思ったのに・・・
お前が俺に隠し事をしようとしたことが許せなかった。お前が好きだから。好きだから殴った。
そんなことを言われたと思う。

そんな風に自分のことを思ってくれているのに
私はなんてことをしてしまったのだろう。
その人の信用を回復しなければ!

私は
そう思ってしまった。

その後、その人は優しかった。

(優しかった・・・と、思うあせあせ(飛び散る汗)
けれど、体を重ねる度に
その人は私を責めた。

どんな風に抱かれたんだ!
他の男にもこんなことしたんだろう!
お前は俺に嘘をついた!だから、もう何を言われても信じられない。

(何度も、殴られた・・・と、思うパンチ
その度に私は
また・・・・自分を責めた。

そして、その人に信じてもらいたい一心で
その人の望むことを全て受け入れた。


これは「デートDV」の典型的なパターンかもしれないね。


殴られることも、罵倒されることも
全て私が悪いから。
許してもらわなければならない。
・・・私はそう、思っていた。


その頃から
私は恐怖で乖離してしまっていたのだと思う。

何となく、ドラマの中で演じているような。
現実であって現実でない不思議な感じ。
自分に起こっている出来事なのに、なぜかスクリーンで映像を見ているような、そんな奇妙な違和感。

紗がかかった青空が・・・セピア色に見えるような・・・

どんどん。私は自分自身を失って行く。
そして、私は
その人が望むような女にならなければ!
そのことだけを考えるようになった。






【関連する記事】
posted by 凪紗 at 23:56| 初めての暴力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。