2007年03月13日

突然のプロポーズ

過去の恋愛の件での暴力が落ち着いた頃。

ホテルのベッドの上で
その人が私を抱きしめて言った。

俺は凪紗のことが大好きだから。
愛しているから。
一緒に所帯を持って欲しいと思ってる。
俺には離婚した妻との間に子供がいるけれど
会いたいと思っても会いに行けない。
だから、凪紗に俺の子供を生んで欲しい。
今度こそ幸せな家庭を作って、子供の成長を見守りたいんだ。


まだ付き合い出して、数週間しかたっていなかったと思うのだけど・・・

子供の頃から結婚して子供を生んで、自分の家庭を持つことが夢だった私は、その場ですぐ
花嫁衣裳着せてくれる?
そう言って、OKの返事をした。

嬉しかった。
幸せだった。

18歳で家を出て、歯科医院で住み込みで働いていた私は
淋しかったのだと思う。

心の隙間に染み込むように、その人で一杯になって行った。
【関連する記事】
posted by 凪紗 at 00:32| プロポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。